デリカD5

デリカD5の3列目シートを簡単に取り外しできるようにカスタマイズ!

デリカの3列目シート、邪魔だなって人も多いはず。私もその1人ですが、今回は、3列目シートを簡単に脱着できるようにカスタマイズに挑戦。

1から自作することもありですが、面倒なので「[TGS] サードシートデタッチャブルボルトキット レッド デリカD:5 CV1W CV2W CV4W CV5W ※代引不可」をポチっとしてみました。

大人数でも心地よく乗れる3列目シート

8人乗りのデリカは、たくさんの人数が乗るときは大活躍の3列目シートです。

荷物を積むときや、不要な時は、上に跳ね上げることができます。しかし、跳ね上げてもかなりの場所をとります。そのぶん、シートの造りはとてもよくて3列目でも座り心地がいいところは魅力です。

場所をとって邪魔という以外に、3列目を跳ね上げると、2列目シートのリクライニングがほとんどできなくなるということもマイナス点です。

3列目シートを取り外していきます

そんなことを考えていたら、3列目シートを外してしまえばいいのではと!3列目シートが固定してあるアームに、丸くプラスチックのフタが付いている箇所があるので、ふたを外します。小さ目のマイナスドライバーを使えば簡単に外すことができます。

写真がないんですが、シートの裏側のマジックテープを取って、2つのネジを外すとシート裏のプレートが外れるので先に外して、3列目シートを固定しているアームのプラスチックカバーを外します。背面のプレートを外しておかないと、プラスチックカバーの爪が折れる可能性もあるので気を付けましょう!私は1つ折りました・・・。

前後のボルトをスパナで外します。スパナ10号だったと思います。スパナはキットには含まれませんので別途準備が必要です。

3列目シートを取り外しすっきりした車内

左右、前後2か所のボルトを外すと3列目シートの取り外し完了です。これですっきりしました!

3列目シートは結構重いので、跳ね上げた状態ではなく、おろした状態でボルトを外したほうがやりやすいです。

サードシートデタッチャブルボルトキットの組み立て

取り外す工程の逆を行えば取り付けもできますが、カバー外して、スパナで外してなんて大変なので、そこで登場するのが「[TGS] サードシートデタッチャブルボルトキット レッド デリカD:5 CV1W CV2W CV4W CV5W ※代引不可」。

中身はこんな感じです。ホールソーもついていて便利ですよ。

早速ボルトを組み立ててみました。ねじるだけの道具いらずの簡単作業です。

プラスチックカバーの穴あけ作業

今回のキットは、穴を正しい位置に開けられるように型紙が付いています。

ハサミで切り取った型紙を合わせると穴をあける位置がよく分かります。

ホールソーで位置がずれてしまわないように、先に細いドリルで中心に穴をあけておきました。(こちらは、キットには含まれいません。)

続いて付属のホールソーで穴をあけていきます。ホールソーのボルトが10mm なので対応のドリルが必要です。ドリルは、6.5mm or 10mm の2パターンが主流となっています。6.5mm しか対応していない場合は、付属のホールソーが使えないので、ホームセンターでアダプターを探すか、対応のドリルを探しましょう。

ホールソーを取り付け、目印に穴をあけたところを中心にカットしていきます。

4つ完成。ざらざらした部分は、やすりで削っておきましょう。やすりがちょうど無かったので、カッターで整えて終了しました 。

パーツの準備ができたら、最終の組み上げ!

ここからは、取り外したシートに、プラスチックカバーを取り付けていきます。

はずした行程の逆の手順で元に戻していきます。忘れやすい人は、しっかりと覚えておきましょう!そこまで複雑な構造ではないので、大丈夫だとはおもいますが。

こんな感じでシートの準備は完了です。写真の色が黄色っぽいのは、気にしないでください。

シートを合わせて、先ほど組み立てたボルトで固定します。これで、次回から道具いらずで3列目シートの取り外しができるようになります。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

[TGS] サードシートデタッチャブルボルトキット レッド デリカD:5 CV1W CV2W CV4W CV5W ※代引不可
価格:4008円(税込、送料別) (2018/2/28時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

[TGS] サードシートデタッチャブルボルトキット ブルー デリカD:5 CV1W CV2W CV4W CV5W ※代引不可
価格:4008円(税込、送料別) (2018/2/28時点)

キャンプに行ったり、スキーやスノボーに行くときに手軽につけ外しできるのは本当に便利です。ちなみにこのキットは、赤と青でカラーが選択できますが、取り付け後はボルト部分は見えないので、ある意味ボルト部分の色で悩む必要はないかもしれません。

さて、これって改造車になるのでしょうか?万が一事故を起こしてしまったとはは、問題なく保険が出るのでしょうか?ということは気になるところです。私も気になったので、保険会社に連絡をしてみたところ、席数以上の人が乗っていなければ問題ないですとのことでした。つまり、3列目を外した場合は5人までであれば、大丈夫ってことでした。保険会社によっても異なる可能性もゼロではないので、事前に確認しておきましょう。

快適なデリカライフを!

関連記事

  1. デリカD5

    デリカD5用にスタッドレスタイヤ「ヨコハマ アイスガードSUV」を新調!

    スタッドレスタイヤが古くなったので、今シーズンはタイヤを新調しました…

  2. デリカD5

    デリカD5スマートキーの電池切れが早い時の修理方法は?

    スマートキーの電池トラブルの解決策が見つかりました。私のデリカD5の…

  3. デリカD5

    デリカに似合うタイヤはズバリこれだ!

    デリカD5で、6年はいていたサマータイヤがそろそろ交換が必要だったの…

  4. デリカD5

    デリカD5のスタッドレスの適正空気圧はどのぐらい?

    寒くなってきたので冬支度を開始。浜松では、ほとんど雪は降りませんが、…

  5. デリカD5

    デリカD5のスライドドアが開かなくなった時のスイッチはどこ?

    先日の出来事です。デリカD5の電動スライドドアが急に動かなくなってし…

  6. デリカD5

    デリカD5スマートキーの電池交換は作業時間たった1分!

    デリカD5のスマートキーの電池交換は、ディーラーなどお店に頼まなくて…

おすすめ記事

最近の記事

  1. 東京ディズニーランド ビック10
  2. デリカD5 ヘッドレストガイド破損
  3. スーパー save on foods
  4. バンクーバーの郵便局(カナダポスト)
  5. ルーツ・ラスト・チャンス アウトレット店
  1. イングリッシュベイビーチの夕焼け

    バンクーバー

    イングリッシュ・ベイ・ビーチで絶景の夕焼けを楽しもう
  2. リンキャニオンパーク 吊り橋

    バンクーバー

    ノースバンクーバーの無料の吊り橋、リンキャニオンはスリル満点
  3. デリカD5

    デリカD5の3列目シートを簡単に取り外しできるようにカスタマイズ!
  4. デリカD5

    デリカD5のスタッドレスの適正空気圧はどのぐらい?
  5. デリカD5 ヘッドレストガイド破損

    デリカD5

    デリカのヘッドレストガイド(差し込み部分)が破損。交換方法を紹介します!